« | トップページ | »

2007年11月24日 (土)

余部鉄橋は工事中

去年、余部鉄橋は取り壊されると言うことで
最後の姿を…と多くの観光客の人が来てられました
Cimg0034











私もその中の一人で
母と湯村温泉に行ったついでに観に行きました
今年…
Cimg0036











やっぱり母と湯村温泉に行ったついでに
余部鉄橋はどうなってんだろう~
と周ってみました
橋は工事中で高い橋の上には工事の人が…


湯村温泉は1年の締めくくりの母への感謝の旅行です
Cimg0047Cimg0050_2






吉永小百合さんの夢千代の像は
そっくりやな~ と何時も思います
Cimg0008Cimg0009   





ホテルはいつもの井筒屋で
今年は母の体調を気遣って2泊です
一日目はカニ料理、二日目は会席と…


せっかく但馬に来たのだから
今、話題になってる但馬牛を食べに行こうか~
Cimg0106Cimg0104






まだ、胃は健在の母です
美味しそうに食べる姿に安堵感で…

Cimg0055_2Cimg0096 





さすがに山陰は寒くて時折、みぞれが降ってます
行った前日は寒くて吹雪いてたそうです
鉢伏山(鉢キタ)には積雪が…
もうそこは冬の始めでした

来年も親孝行が出来るといいなぁ~
また来ようね~ (*^。^*) 

|

« | トップページ | »

コメント

夢千代さんの舞台になったとこですか。
余部鉄橋て初めて見ましたが、時代の流れとはいえ惜しいですね。
お母様とのご旅行、ほんと羨ましいです。
お元気なお母様ですばらしいですね。

投稿: バルおばさん | 2007年11月24日 (土) 13時22分

今晩は
今年最後に親孝行が出来ましたね。
お母様もさぞ喜ばれたことでしょう。
美味しいお料理と温泉長生きできますね。
いつもお母様を大切にされる
ちゃこママさんに尊敬です。

投稿: スヌーピー | 2007年11月24日 (土) 18時58分

餘部鉄橋取り壊されたと思ってました、まだ残っていたのですねぇ。
お母様とのご旅行いいですね、なんと親孝行のちゃこママさん。私なんか「親孝行したいときには親は無し」そのものですよぉ。
最初に目を引いたのは分厚いステーキ・すご~い。

投稿: mako | 2007年11月24日 (土) 20時21分

余部鉄橋から、列車が折からの突風にあおられ、鉄橋より転落した事を思い出しました。下にあったカニ缶詰加工工場を直撃し、工場で働いていた主婦らが巻き添えで死亡された記憶が強烈に残っています。
湯村温泉は、行ったことがないので一度行きたいです。毎年かにの季節には、城崎温泉に行きます。妹家族との恒例行事です。
お母様への感謝の旅行、ちゃこママを見習いたいです。(母は病気ですので、病院施設に入っていますので、旅行にはとてもという状態です。)

投稿: とんちん | 2007年11月24日 (土) 20時30分

今晩は お母様に感謝の心を込めて温泉旅行をプレゼント心が温かく成ります。きっとお母様の心の中も幸一杯に成った事と思います。ちゃこママさんの来年もまた来ようね、は何より優しい言葉で、お母様への思いが伝わって来ます。

投稿: 咲子 | 2007年11月24日 (土) 20時33分

そちらも母娘旅行でしたか、うちも18日に母と雲仙へ行ってきました。
誕生日と母の日の年2回を予定してますが、なかなか予定通りにはですね…。
来年もいけるといいですね、お互いに。
吉永小百合さんの本当によく似た像ですね、きれいだわぁ。

投稿: ねこおばさん | 2007年11月24日 (土) 22時48分

バルおばさん
母は84歳でしゃべる口と頭と内臓は
お陰さまでとっても丈夫なんですが
足腰が凄く弱ってきてます
自由に動けない事がストレスみたいです
出来るだけ足代わり何処かへ一緒に…とは思ってます (*^。^*)


スヌーピさん
私は小さい頃から身体が弱くて
母には人一倍、苦労をかけてしまいました
子供が手が離れた今は
少しでも親孝行をしてお返ししないとと思ってます (*^。^*)


makoちゃん
余部鉄橋はもうな無くなってるのかと
思いながら行ったらまだ工事中だったんですよ~
よく解らないけど何メートルか離れた所に
新しい橋が出来るとか??

母は旅行に行くたびに体力や気力の衰えを感じて
チョッと哀しくなります… (ーー;)


とんちんさん
城崎温泉ですか
湯村温泉のお隣ですね♪
あの辺りは温泉が多くてお魚が美味しくて
良いですね~
妹さんのご家族と行かれるんですか
私も姉妹がいれば嬉しかったけど~
娘も居なくて淋しいですよ~
その点とんとんさんは姉妹も居られるし
娘さんも居られるし幸せですよ♪
羨ましいですよ~ (#^.^#)


咲子さん
身体が弱ってきた母を見ると
後、何年来れるだろうなんて考えてしまいますが
生きてくれているだけで力が貰えるので
出来るだけの事はと思ってます (*^。^*)


ねこおばさん
チョッと時期がズレてしまいましたが
私たちも母の誕生日の旅行だったんですよ~
いつもは1泊なんですが1泊はしんどいというので
お歳暮も兼ねての2泊です(笑)
お互いに来年も母娘旅行が出来ると嬉しいですね (*^。^*)

 

投稿: ちゃこママ | 2007年11月25日 (日) 00時15分

おはようございます。
夢千代日記の舞台の所だったんですね~。
夢千代日記は観た様な…
松田優作さんが出ていた…間違っていたらゴメンなさい。
分厚いステーキ・すご~い。
美味しそうですね~(*^O^*)
お母様への感謝の旅行、ちゃこママを見習いたいです。

投稿: きらく | 2007年11月25日 (日) 08時41分

余部鉄橋は関西にいたころ下まで行きました。慰霊のモニュメントがあったように思います。
湯村温泉も懐かしいです。小百合さんの銅像も有名ですね。
親孝行されてよろしうございました。私たちも城崎温泉へは昔両親を連れて行ってやりました。

投稿: matsubara | 2007年11月25日 (日) 14時18分

お母様との旅、うらやましいです。
是非是非続けてくださいね。
私にとって母との旅といえるものは妹と3人で行った日光が
最後でした。
もちろん結婚後に母の田舎に一緒に行ったりはしていますが、
旅といえるのはそれくらいでした。
もっと一緒に旅行がしたかったという思いは常に心に残っています。
またこれからも何度でも素敵な母娘の旅のお話聞かせてくださいね。

投稿: zansyou | 2007年11月25日 (日) 16時17分

こんにちは~!

余部鉄橋、下からみたことがあります。
まだあるんですね。

お母様とのご旅行いいですね。

来年も、再来年もずっとずっと
続きますように…。

投稿: kazu | 2007年11月25日 (日) 17時02分

親孝行 出来るときには親は無し!

私の父は7年前に他界し、母は、寝たきりで施設暮らしです。
元気な頃には、ドライブや宿泊旅行に一緒に行きました。今は想い出しか有りません。
ちゃこママさん、今のうちにいっぱい親孝行しておいてください。

投稿: 世詩絵 | 2007年11月25日 (日) 18時52分

夢千代日記、覚えてます〜
物静かーで、画面も心なしか暗いような印象です^^
初冬の気分にぴったりですね。
それにしても、但馬牛美味しそう過ぎる・・・よだれがー

投稿: たま | 2007年11月26日 (月) 11時09分

きらくさん
きらくさんの素敵なお母様が
時々ブログに登場されてますね♪
それも親孝行だと思いますよ~
私は多分 
きらくさんのお母様に近いから解ります(笑) (*^。^*)


matsubaraさん
城崎は近いようで時間がかかり
母の体力的には来年は有馬温泉辺りが…
なんて考えてます(笑)
母は強がってますが歳が行くのは淋しいだろうなぁ~
感じるこの頃です
それだけ自分が歳を重ねたからかもですね~ (*^。^*)


zansyouさん
ありがとうございます
どこかで書いたかもしれませんが
私は身体が弱くて人一倍母に苦労や気苦労をかけてしまって…
少しでも…と思ってます
zansyouさんはお優しい方だから
それだけで親孝行です
お母様は喜んでられたと思いますよ (*^。^*)


kazuさん
余部鉄橋はもう壊されたかと思いながら
行ってみたらまだあったんですよ~(笑)
この橋は本当に壊されるのかと思いましたよ
観光バスなんかも止まって車窓見物をしてましたよ (*^。^*)


世誌絵さん
ありがとうございます
母は84歳ですが
年々衰えを感じてあと何年一緒に行けるか…
と思うと哀しくなりますが
今出来ることを悔いなくと思ってます~
と言いながらたいした事はしてません(笑) (*^。^*)


たまさん
映画の夢千代日記はそうでしたが
湯村温泉付近も山の中で
これと行って何も無い寒いところなんですよ~(笑)
海に近いから蟹とお魚が美味しいかな~
と思って行きますが…
道後温泉も暖かいしお魚は美味しかったなぁ~ (*^。^*)

投稿: ちゃこママ | 2007年11月28日 (水) 11時41分

このようなお話は何度拝見してもいいですね。 母と娘の旅・・素晴らしいことです。 私の母も84歳です、54歳で父を亡くし、私はその歳をとうに過ぎましたが、どんなにか心細くて辛く悲しい思いだったろうかと思います。 今もし自分がと思うと、強く生きながら子供を導き育ててくれた母には頭が下がります。 同じ時代を生きてこられたちゃこママさんのお母様、きっと同じ生き方だったように思います。 
旅は淋しさを癒してくれます、ましてや娘と・・ですから、どんなにお幸せか知れません。 遠い私は兄嫁さんが母のことをいつも大切にして下さるのでつい甘えてお世話にばっかり。 ちゃこママさんのお話にちょっと耳が痛いです。 
余部鉄橋の最後の日はTVで見ました。カニに但馬牛、内臓丈夫でなにより美味しく食べられる健康は何よりです。 一年の締めくくり、どんなに楽しみでまた一年をがんばってすごされることでしょう。 一休さんがねずみにもたれて・・かわいい石像ですね。さすが地元、お抹茶をいただかれるお母様とちゃこママさんを、そっと想像してみました。

投稿: みく | 2007年12月 1日 (土) 11時41分

みくさん
優しいコメントをありがとうございます
みくさんのお母様と同じ年だったんですね♪
みくさんのお母様は本当に素敵な方で
この親にしてこの娘あり…
って何時も思ってます
ちゃこママの母はもう少し我儘で(笑)
そのぶんちゃこママも我儘かも
この母にこの娘あり…(笑)
年上だけど見習うべきはみくさんですよ~ (*^。^*)

みくさんのブログは何時も見ています♪
今夜は遅いので明日の朝にコメントに伺います (*^。^*)

投稿: ちゃこママ | 2007年12月 4日 (火) 02時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | »