« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

津軽SAで

もう1本の変わった、りんごの木が植えてありました
花も実も茎も赤いという、りんごの木です
まだ未成熟なピンク色の実が一つ落ちていました
中もピンクなのか興味がシンシン 
チョッと切ってみたくなりました  
(#^.^#)
11 Cimg0865






やっぱり赤い…  
(#^.^#)
綺麗に色付きかけています
熟したら上の写真のように真っ赤になるらしいです
始めて見る赤いりんごに
チョッと嬉しくなりました 
でも落ちてるりんごを切りたくなる私も
かなり変わってるかも… 
 (^^♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

10月8日(浅虫温泉から八幡平)

また旅行の続きです
台風もたいした事もなく
今日は朝から青空です
今日は紅葉の八甲田山のロープウエイにと
計画していたのですが八甲田山周辺は
あまりお天気が良くないとの事で
弘前の街とねぶた村に行くことに…_dsc00014  _cimg0796







青森の始発からのった東北自動車道では
車はたまにしか走ってなく貸切道路です
高速の横はズッ~とりんご畑が続き
たくさんの林檎が赤く色付いて あまり綺麗なので
側道に車を止めてビデオをまわしましたが
車は1台も来ませんでした  
(#^.^#)
上の写真は津軽のSAの林檎の木で、こんな所までって感じです

ここでお逢いした御夫婦は昨日
苫小牧から横浜に帰られる予定が船が止まり
慌てて函館まで来たら、青函連絡船も止まって
とうとう船の中で一夜を過ごされたそうです
明日は仕事だから、どうしても横浜に帰らないと…と

私達は大丈夫だったけど
やっぱり大変な思いをされた人も居られたんです
お気をつけて…

Dsc00007_4
ねぶた村は
実物大のねぶたが
たくさん置いてあり
太鼓をたたかせて
もらったり
津軽三味線の
演奏を聴いたり

_dsc00023
絶対に
行きたかった
八幡平は紅葉
真っ盛りだったのに
向かう途中で
ビデオのバッテリが
無くなりました
  (#^.^#)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

カットに行ってきました

我が家のチヤコ(愛犬)は大人しくて人間好き…
苦手なのは美容院です
緊張するのか臆病なのか美容院に行くと
クタクタに疲れ果てて帰ってきます
噛んだり暴れたり いろんな犬がいるらしいですが
チヤコはズッ~と震えているらしいです
1_4
帰ってくると
何もしないで
バッタリと


 3_2  


たまには場所を
移動しながらも
グッタリとして
動きません


2_2

夜になっても
まだグッタリ…



せっかくカットに行ったから可愛い
写真を撮っておこうと思っても シャッターチャンスは
ありません
 (*^。^*)
カットに行った後はいつもの事だけど
ズゥ~と疲れ果ててました 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

プチ同窓会

すぐに連絡が付く人だけででも…  
と 50年近くぶりの中3時代のクラスの
プチ同窓会がありました
平日なのに集まったのは13人  
(*^。^*)
見かけはみんな おじさん、あばさんになってますが
どこかに昔の面影があり、すぐに中学時代に逆戻りで
懐かしくて話は盛り上がり…
みんなが凄く仲の良かったクラスで
良い思い出がイッパイで
このクラス会はどうしても来たかった!

それぞれ、みんなが思っていたみたいです

「田舎から転校してきて馴染めるか心配してたけど
貴女の笑顔で助けられた…」  
白髪のおじさんの言葉
「トイレの鏡越しに目が合っても笑いかけてくれたね」
「いつも笑顔で優しかった…」
久しぶりに逢う、お世辞のほめ言葉と思いながらも
中3の時に そんな風に思われてたんやぁ… 
デレデレデレェ~ 嬉しい~ ホンマに単純な私です
私の方こそ…
自転車に乗れない私を代わる代わる
後ろの荷台に乗せてくれて御所や加茂川、貴船にまで
一緒に連れて行ってくれた皆に感謝です 
(*^。^*)

大病した人も何人かいたり…
それぞれに いろいろな人生があり
やっぱり長い長い歳月を感じながら
みんなに逢えて良かった!
また次回に必ず逢う約束をして 
楽しいタイムスリップから戻ってきました  
(#^.^#)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

10月7日(函館から青森)

ひと晩中ウツラウツラしながら 朝の5時… 
まだ風もなく雨もパラパラだけど
やっぱり早く行こう!
今ならヒョッとして7時頃の船に乗れるかも… 

空が白んできた5時過ぎにホテルを出発した
湯の川からフェリーの埠頭まで約20分です
私達はキャンセル待ちの5番だった
後から後からキャンセル待ちの人が増えていって…
やっぱり早く来て良かったぁ~  
(#^.^#)

予定より1時間遅れの出航で
キャンセル番号が呼ばれるまで
ドキドキが止まらなかったが
どうにかギリギリ乗ることが出来た 
 (*^。^*) 
北海道は車で来たら必ずフェリーに乗らないと帰れない!
陸続きじゃないのを実感です
そんな訳で短い北海道での最後は予定外で
パタパタと終わりました 
(#^.^#)

船はあまり揺れないで4時間近く… 
着いた青森の埠頭では船が揺れているのか
降船待ちの間、
乗っている車ごとズレて行きそうな感じです
降りると波が埠頭に大きく打ち上げていて
まるでテレビで見る台風情報のようです 
でも良かった とにかく着いたぁ~  (^^)v

小雨が降ったり止んだりの青森の街を
ひと回りしてから着いた浅虫温泉は
良い所だったのに何も写真を撮ってない…

ビデオを見ても この日のフィルムは何もなかった
やっぱり緊張してたんかなぁ~  
(#^.^#)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

10月6日(札幌から函館)

かなりの曇り空なのに薄日がさす変なお天気の中を
雨に強く降られない内にと函館へ…

Dsc00003_1 大沼公園です
ここでは霧雨が…
車のウィンドウ越しに
撮った写真にも
少し雨粒が…


Dsc00006_3

雨は降ってないけど
夜は無理だと登った
函館山は風が冷たく
凄く寒かった
でも 来れて良かったぁ~ 

Dsc00007_2
このシリーズの
写真はほとんどが
ビデオからのもので
綺麗じゃないけど
実際にはもう少し
綺麗に… (#^.^#)

Dsc00006_4

赤レンガ街は
函館の象徴で
これぞ函館!
と思う所です
人もイッパイです

Dsc00008_1


異国情緒の
漂う素敵な
処です

ところで台風は 
いよいよ明日のお昼頃に強くなるらしい…
明日のお昼頃なら 青函連絡船に乗る時間です
気になって問い合わせてみると

「今のところは欠航はありませんが様子待ちです!
空きはまったく無いので 朝早くに乗るには
キャンセル待ちで並んでください」
 との事
もし休航になったら… どうしょう~
どうしょう~ さすがの私も眠れません~  
(ー_ー)!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

10月5日(富良野から札幌)

ラベンダーの季節は過ぎたけど
富良野は好きな場所で思い出もたくさんあり
どうしても はずす事が出来ません 
(*^。^*)

Dsc00012そろそろ初雪が
降る季節だと
ホテルの人が
言ってたので
もっと 何も無い
一面の枯れ草の

Dsc00013
黄色い富良野を
想像してたけど
まだまだ 
お花がイッパイ
あって… (*^。^*)


Dsc00020
紅葉には
少し早かったけど
やっぱり何か
ホッと出来る
場所でした


Dsc00005また富良野で
のんびりしすぎて
札幌に着く頃は
夕焼け空です
でも こんな綺麗な
夕焼けを見るのは
始めてやわぁ~


こんな綺麗な空なのに信じられない! 天気予報では 
明日からは台風の影響で崩れるらしい

昨日まではズッと晴れマークやったのに… かなんなぁ~
でも 今までイッパイ旅行したけど雨に降られたことが
無いし
大丈夫や!私は晴れ女や!と自分に言い聞かす (^_-)-☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

10月4日(小樽から富良野

小樽から旭山動物園に…
北海道は何度か行ったことがあって
最北端の稚内、知床、釧路 
etc
もう一度 行きたい所は たくさん有るけれど
またの機会と目をつむって…
今回の北海道の目的は出発点にしたかった事と
この動物園です 
(#^.^#)

7
見たかった
オランウータンは
チョッと主人似で
他人とは思えない (*^。^*)


8
歩行者の頭上の水槽を
泳ぐペンギンを見るのは
まるで海の底に
居るようです

9
これも同じ場所を
泳いでいる
ペンギンです


6
ごまふアザラシは
あまりの動きの速さと
人の多さで なかなか
写真が撮れません


他には白熊が可愛かったりで
噂どおりで 楽しかった旭山動物園では
結構、時間を過ごしてしまいました

でも 不思議やなぁ~ 
この動物園は人がイッパイなのに
大人ばっかりやわぁ~  (#^.^#)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月23日 (月)

10月3日(小樽行きフエリー)

船は あまり揺れずに静かです
特にどこでも寝られる私は朝までグッスリ (#^.^#)
20時間は退屈だと思っていたけど
景色
(海ばかり)を見に出かけたり、食事に行ったり
ラウンジに行って知らない人と話したりで…
何もしないのが優雅で贅沢な船旅なのかも…

5
ここから見る景色が好きです
船首は映画
タイタニックの
名場面を思い出します

3_1
お部屋も結構広くて
横になったりで
ホッとします

4_1

お昼前に
小樽から出航の
はまなす号にすれ違いました



2年前までの船は30数時間以上かかったそうです
船も新しくなって時間も短縮されて
20時間になったから 「また乗りに来た!」 と 
ラウンジで逢った人が話してられました 

 来る人は何度も来てるんやぁ~ (#^.^#)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

10月2日(記念旅行)

定年になったらフエリーで北海道まで行って
気ままに観光しながら ゆっくり戻ろう
 (#^.^#)
というのが長い間の夫婦の夢でした

定年の頃、実家の父が亡くなり 残された母の事が
気がかりで行くことが出来なかった…
 でも ズッと心にひっかかっていて
今年、主人が古希を迎え 今を逃したら行けないかも…
と思いきって行く事にしました  
(^O^)/

1_3 舞鶴に夜中の零時過ぎに
出航という事で
ゆっくり家を出発して…
夕暮れの舞鶴の街の

2_1

大きな軍艦が入港
しているのを観たり…
赤レンガ博物館を
観たりで時間待ちをして…


夜遅くに入港してきた
アカシア号は、これはもう想像以上の大きさで
乗船するトラックの数も これまた想像以上で
ただ驚くばかりで
ワクワクの1日目が過ぎました  (*^。^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

暫くのあいだ

留守にしていたら庭のデュランタが咲いていました
2

紫色の可愛い花です
花の穂は20cmくらいで
花も葉も茎も柔らかく
微風でも動いていて
少しピンボケです 
(*^。^*)

3

藤の花のように
垂れ下がって
咲きます

4

みかんも大分
色づいて来ていて
少しの間だったのに

Mikan1

秋の深まりと
月日の過ぎる
速さを
感じます
 (#^.^#)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »